キッチンプラン

 そのキッチンを配置するキッチンプランについて書いてみたいと思います。

 クローズ型(壁付け型)キッチン

ダイニングなどから独立しているキッチンのことです。このタイプのメリットは独立しているので、料理の臭いや汚れ、熱などが部屋につきにくいことです。キッチンが見えないので少しくらい片付いていなくてもOKになりますね。料理中は家族とのコミュニケーションがとれず、子供の様子も見ることができません。でも料理に集中できますね。料理好きで没頭する人には向いているキッチンではないでしょうか?キッチンが一つで独立しているのに何でリビングダイニングキッチンと呼ぶのかな?と疑問に思いました。

オープン型(壁付け型)キッチン

キッチンとダイニングを仕切らずにオープンにしたキッチンのことです。これはメリットとデメリットがクローズ型の場合と反対と考えると良いと思います。臭いやなどが部屋にもれてしまいますが、家族とのコミュニケーションをとりながら料理が出来ます。だからキッチンはダイニングから丸見えの状態です。壁側にシステムキッチンを設置しているためスペースが広く使えます。

セミオープン型(対面型)キッチン

ダイニングとの間をキッチンやカウンターで仕切ったキッチンのことです。これは今の主流ではないでしょうか?臭いはもれますが、料理中でもダイニングが見渡せて、採光性が高いですね。キッチンを適度に隠すことが出来るのがとてもいいところです。

これらのプランにキッチンの型を組み合わせれば何種類もの組み合わせが出来上がることになります。その中から自分の使いやすいキッチンを選ぶとなるととても悩んでしまいそうですね。シュールームで体験してみて自分に合ったキッチンをさがしてみましょう。

This entry was posted on 月曜日, 2月 25th, 2013 at 11:00 AM and is filed under 住宅, 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.