夏は涼しく冬は暖かい家

現在私の住んでいる賃貸住宅は気密性・断熱性に優れていないこともあり、夏は暑く冬は寒い家で夏場と冬場の光熱費が家計を圧迫しています。また住んでいる地域が盆地なので夏は暑く冬は大変寒いのです。
新築住宅に求めることは夏は涼しく冬は暖かい家であることです。これを実現させるためには外張り断熱工法の家だと思います。

外張り断熱工法は土台や柱、梁など外側を断熱材が隙間なく包み込みます。切れ目なくすっぽり断熱材を取り付けることで断熱性を高めることができるのです。内断熱工法もあります。これは土台や柱、梁などを除く空間に断熱材を敷きます。壁の内側に断熱材を取り付けるので外気と室内の温度差から発生する結露の問題があります。外張り断熱よりこの内断熱の建物の方が建物の寿命が短いと言われています。この外張り断熱のメリットは熱の出入りが少なく気密性が高いのです。

通気工法は結露を抑え、カビやダニのはっせいを防ぎます。住宅の寿命に大きく関わるこの結露対策はしっかり行う必要があります。高い気密性・断熱性を得ることで夏は涼しく冬は暖かい家を手に入れることができるのです。もちろん冷暖房効率も高めてくれるのでエコで省エネなのです。室内が外気温に影響されない家は快適な温度で過ごしやすい家へと繋がるのです。長く快適で安心して暮らせる家にしたいならばこの外張り断熱工法の方がいいのではないかと私は思っています。
どちらの工法もメリット・デメリットあると思います。それらをもう少し勉強し自分が求める工法の家を手に入れたいと思っています。

This entry was posted on 月曜日, 9月 1st, 2014 at 10:11 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.