リビング収納

リビングは住宅の中で最も長く過ごす場所です。
それだけに物が溢れてしまう場所でもあるのです。
帰宅してバックを床に置きっぱなしということや、着ていた上着をソファーに置きっぱなしということもよくあるのではないでしょうか。
ついついダイニングのテーブルの上やリビングの床に物でいっぱいになってしまうのです。

しかし家族が共に長時間過ごす場所であるので、快適で居心地のいい空間にしたいものです。
これを実現させるためにもリビングの収納は欠かせないのではないでしょうか。
リビング収納には見せる収納と隠す収納が二種類あります。
テレビ周りにオープン棚を設け見せる収納をしている人も多いです。
しかし私は空間をスッキリさせ、なるべく生活感を出さないようにしたいので隠す収納にしたいと思っています。

例えばテレビを置いている奥に家族で使用するリビング収納を設けるといいと思います。
そしてリビング収納から玄関へ直接繋がるように扉を玄関から用とリビングから用と二つ設けておくと使い勝手の良さが高まります。
帰宅してそのままリビング収納へ行ければ、着ていた上着をサッと掛けて収納でき、持ち歩くバックをサッと棚に置き収納できます。
そして部屋着に着替えてリビングへ行きゆっくり寛げるというスタイルを造り出すことでリビングやダイニングに物が散らばることがなくなることでしょう。
今までリビングに家族で使用できる収納があればいいなと思っていたので新築住宅にはぜひ家族が満足するリビング収納を設けたいと思っています。

This entry was posted on 金曜日, 10月 31st, 2014 at 1:20 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.