家事のしやすい家

私は家事や育児に奮闘する専業主婦です。我が家もついにマイホームを建てることが決まりました。このマイホームで私が重視したのが、家事の行いやすい家にするということです。主婦には日々家事がつきまとい、休みがない仕事なだけにストレスに感じることも多いです。家事を行いやすくすることで家事への負担やストレスを軽減でき、家事を楽しみながら行えるようになるのです。

そのためにはまず家事動線を確立させることです。家事の中心はキッチンです。キッチンからの動線を重視しました。キッチンで家事をしながら洗面室で別の家事を行います。キッチンと洗面室を一直線で繋いだことで、動線は短く、そしてスムーズに行き来ができるのです。これで同時に2種類の家事を円滑に進められ、家事の効率も高まります。

そして家事動線を考える上でもう一つ大事な動線は、洗濯を行う洗面室から洗濯物干し場です。我が家は洗面室の勝手口からそのまま措置に出られるようにして、洗濯物を干すまでの動線を効率良く一つの場所で済ますことができるようにしたのです。濡れて重くなった洗濯物を抱える手間が省けますし、何よりほとんど移動することなく洗濯物を干せるので家事への負担がかなり軽減できるのです。急な雨にでも対応できるように屋根をしっかり設けました。

そして洗面室には室内用の洗濯物干し場も設けています。屋外に洗濯物を干せない日というのも意外と多いです。このような時でも洗濯は行うので、室内用の洗濯物干し場は必需品です。このように家事への環境を整えておくことで毎日行う家事を楽しみながら行えるようになるのです。

This entry was posted on 月曜日, 11月 2nd, 2015 at 12:54 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.