失敗しないパートナー選び

家造りはまず、業者を選ぶことから始まります。そして、実はこのパートナー選びこそが家造りにおいて最大のポイントなのです。希望に合った、または希望以上の家ができあがるかどうかは、最適なパートナーに出会えるかどうかにかかっていると言っても過言ではないのです。

しかし、ハウスメーカーから工務店まで併せると数多くの業者が存在します。その中から自分達に合った一社を選び出すというのは容易なことではないのです。そこでまずハウスメーカー向きであるのか工務店向きであるのか、自分のタイプをきちんと見極めることから始めてみましょう。

例えば、希望が不明確なうえ自分で考えるのは面倒という人には提案力のあるハウスメーカーが向いています。仮にこのようなタイプの人が工務店に家造りを依頼すると、提案を待ち切れずにふまんばかりが募ってしまうかもしれません。逆に、建築主として自分が何を求めているかを明確に伝えられる人、家造りのプロセスをひとつひとつ楽しみたい人は工務店が向いているでしょう。一緒につくりあげていく気持ちで臨めば、じっくりと腰を据えた分、こだわりが活かされた家造りを行うことができるのです。家造りには予算もあることです。

ハウスメーカーの場合は、広告宣伝費やモデルハウス維持管理費などさまざまな経費が建築費に上乗せされてしまうので価格がどうしても高めになってしまうのです。同じ仕様の家ならば工務店の方がこれらの経費がかからないため安く購入できるのです。予算も踏まえ自分達に合った方を選択し、最高の一社を見つけ出しましょう。

This entry was posted on 木曜日, 5月 17th, 2018 at 9:37 AM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.