パントリー

キッチンには欠かせないスペースとなりつつあるのがパントリーです。
食品をストックできる便利な収納スペースですし、調理器具や食材置き場としても重宝してくれます。
これがあることでキッチンスペースがスッキリとして、動きがよりスムーズになるのです。
広さに余裕があればウォークイン型のパントリーを設けておくのもいいでしょう。
パントリーには収納する物に合わせて棚の高さを調整できるようにしておいたり、適材適所に物を収納することで利用のしやすさが高まります。
そこで棚の奥行は2種類浅型と深型があるといいでしょう。
一番下にはお米や飲料など重たさのあるものを収納しておきます。上に行くにつれて軽い物を収納しておくといいと思います。
良く使用するものや出し入れを頻回におこなうものは、一番取り出しやすい場所を利用するといいのです。
深型の棚には土鍋やカセットコンロなどの調理器具などを収納しておきます。
浅型には、調味料のストックなど細かい物を整理するのに役立ちます。
奥行がある場所に雑多に収納しておくと、いざ使用しようと思った時には賞味期限が切れていたりするものです。
物を大容量に収納できるだけでなく、カウンターを造りつけてママのワークスペースを設けておくのもいいでしょう。
家計簿をつけたり、パソコンで夕飯のレシピ検索を行ったり、子ども達のスケジュール管理や宿題のチェックなどちょっと作業を行うには最適です。
家事の合間の時間を有効活用しやすいのでパントリー内にこのような作業スペースがあるといいと思います。
リビングから見えないため個室で過ごしているかのような気分も味わえての時間をより大切にできるのです。
利用しやすいパントリーを設けましょう。

This entry was posted on 日曜日, 2月 10th, 2019 at 3:10 PM and is filed under 住宅, 新築. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.