設計事務所の住宅造り

注文住宅を造る会社の中でも設計事務所はデザイン力に優れている会社です。

TVに出てくるようなデザインが良い住宅は設計事務所が設計していることがほとんどです。

デザインだけではなく形の悪い土地などに住宅を建てることのできる設計をすることもできます。

デザインを重視する場合は設計事務所に依頼するのがいいです。

ただし、あまりにもデザインにこだわり過ぎると住み心地の悪い住宅になるかもしれないので、住み心地も考慮しバランスのいい住宅を設計しましょう。

設計事務所の特徴は、施工をしていないこと、自由に設計できる分打ち合わせが長期になること・依頼者の立場で工事監理をしてくれることなどがあります。

施工をしていないことはメリットになりえます。

施工会社を別に選ぶことで設計事務所は依頼者の味方をすることができます。

ハウスメーカーや工務店なら設計する人は会社のことも考えなければいけません。

打ち合わせが長くなるのも、その分良い設計図ができると思えば打ち合わせも楽しいものになるでしょう。

工事監理も依頼者の立場で設計図に基づいた住宅造りになっているかを厳しくチェックしてくれます。

私の親戚が大分に注文住宅を建てたのですが、設計事務所に頼みました。

設計事務所に頼んだおかげで、住宅造りをサポートしてもらってとても助かったといっていました。

設計事務所で気をつけたいのは相性があうかどうかが重要になってくることです。

設計する人によって重視することが違っていたりするので自分の価値観に合う設計事務所を見つけることが大切です。

This entry was posted on 木曜日, 10月 20th, 2011 at 2:37 PM and is filed under 住宅. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.